『インパクト・クラッシュ』

映画・ドラマ

インドとパキスタンの戦争
主に潜水艦同士の攻防を描く

硬派で愚直な軍隊映画
大きな動きはないが真摯さが伝わってきて退屈しない

意見を衝突させることがあっても
根は国のために戦うことで一致してるのが熱い
攻勢派と慎重派という対立は普遍的に見られるものなのかもしれない

シビリアンコントロールの観点からは(軍の統率の点でも)
勝手に攻撃しちゃダメって結論で間違いないけど
そこは国や時代によって変わってくるかな

あとイスラム圏であるパキスタンはもちろん
インドの軍人もだいたいヒゲなんだな
自衛官がヒゲ生やしてたら“ヒゲの隊長”とかあだ名がつくよ

戦闘が始まってからは展開・映像ともに粗め
しかも戦争回避したい情勢の中なので
ボロボロになりながら戦い続ける姿は感動的というより
意地になってるように見えてしまうのがもったいない
まあ史実ベースならしょうがない部分はあるか。

アマゾンリンク

タイトルとURLをコピーしました