忌み言葉

言葉

いわゆる差別語や放送禁止用語(自粛含む)は2種類考えられて
①言葉自体にネガティブな意味があるケースと
②ネガティブな気持ちで繰り返し使われて言葉に色がついたケースがある

前者の例は歴史的に差別を受けた階級のえた・ひにん等
人に非ずとなればそれ自体かなりストレートな暴言です
(漢字は後からあてられたと聞いた気もする)

後者の方が多そうだな
たとえばシナとかチョンとかはただのローマ字読み・省略形のはずが
使われた環境のせいで悪いニュアンスが乗った模様
ジャップだってジャパニーズの頭部分で
木村君をキムと呼ぶようなもんだから個人的に嫌な気はしないw
やはり歴史的経緯の問題なんでしょう

現代だと精神分裂症や痴呆症の言葉が置き換えられてしばらく経つ
このへん見ると②から①へスライドしたような
境界が曖昧になるのが感じられる
元々障害者の存在を害と表現した訳ではなかろうが
そうだと言ってしまえば①に寄るし
ハーフ&ハーフの意味だから同じ1じゃないかと言っても
いや1/2しかない失礼だと見れば①に寄ってくる
(ダブルへの言い換えゴリ押ししてくる感ありますよね
きっとらんま1/2を見てこなかったんでしょう)

はい、ここまで雑談兼長めの前置きです
昨今の気になる表現がずばりセクシー女優

そもそもエロビデオじゃ露骨だからアダルトビデオへオブラートして
さらにAVと略すことでせっかく原点から遠ざかってきたのに
セクシー言ったら戻っちゃうじゃん!(性的だもん)
AV女優の言葉が使い減らされたから他なら何でもいいやっていう完全に②のパターン
(あるいはAV機器業界からの要請説も)

ただセクシーアイドルなり女優なりにすると
色気強めのテレビ女優やグラビアアイドルとの区別がもう困難で
実用的にはイマイチかと思われ

で先日はツイッターのトレンドにAV俳優なる新ワードを発見
確かにAVの場合だけ男優と呼び分けるのは不平等なのか、
それなら今日日セクシー俳優の方が適切なのか…

【コント】さらば青春の光 『男優』 / 単独公演『ノリ』より
先駆者(?)のさらば青春の光を思い出した人も多数

謎は深まるばかりで
関係者のコメントが信憑性高いかとも思いましたが

出さないのはもはやエキストラなのでは?(そっちが男優の本体?)
見習いの段階はそうだったりするんかな

ちなみにNHKは女優のことも俳優って言いますよね
そっちが正確な日本語ってことなんでしょうが
そうするとAV男優・女優の両方ともセクシー俳優、もしくは性的俳優になるのか
そもそもNHKがこの肩書きを言うシチュエーションがないか。

タイトルとURLをコピーしました