BPO、何様だ

ニュース

とにかく目に余る
国民の信託を受けた訳でもデータによって根拠を示す訳でもない
主観に基づいて社会に規制を課すのは独裁国家のやり方ではないのか

バラエティーの定番ハリセン、テレビから消える? 放送作家のツイートにSNS騒然 「つまんない世の中」「やりすぎ」(まいどなニュース) - Yahoo!ニュース
バラエティー番組の定番小道具、ハリセンがコンプライアンスNGになったという報告がSNS上で大きな注目を集めている。報告した放送作家に話を聞いた。

ネットの普及でノイジーマイノリティが結託しやすくなって久しく
AV新法の暴挙も記憶に新しい(あっちは国会通った分さらに性質が悪いか)
学校では雑な理由であだ名呼びが禁じられている

それが通るなら暴力につながる特撮・アニメのバトルものは禁止されるし
病気につながるジャンクフードも禁止されてしまう
こういうやり方がディストピアに「つながる」点に対してはどう反論するのだろう

いろんなものを見聞きし学ぶ中で誤った方向に進むこともある
そのときは意見を述べる、話し合う、適宜大人がフォローする
それが自由な社会における健全な成長というものでしょう

事前に次々と禁止事項を広げていくことは
「大衆は愚かだから我々が導いてやらねばならない」という肥大化したエゴであり
それは本当に選挙の信任を受けた人間が行うか
少なくとも事後的なチェック・審査を受ける環境が必要です

そもそも禁止する行為は簡単にしていいものではない
まさに「何の権限があって」と問われる話なのです

痛みを伴う行為による笑いが許されないとなると(ハリセンの痛みとは?)
辛い・熱い冷たい・暑い寒い・疲れる・ストレス等全部刈り取る気じゃないですか
別に身体張る系の笑いが好みでもないが
よくわからない力に押さえつけられる状況には嫌悪感しかありません。

タイトルとURLをコピーしました