『白雪姫』

映画・ドラマ

今更のね
確認の意味を込めてあらためて見てみましたよディズニー古典
とにかく恐ろしいクオリティ
こんなの作ってた国と戦争やって勝てる訳がない

全体にミュージカル調なのが特徴的
歌わないとこでもキャラがしっかり音楽に合わせて動く
もちろん滑らかで表情豊か
場面転換のぶつ切り感もなんだか舞台風です

現状、グリム童話を自社コンテンツに組み込んだ形であるとはいえ
これだけ価値を付加したらたぶん許されるというか
宝塚におけるベルばらみたいなもんかと

ストーリー部分は原典から様々に改変の歴史があるようで
その意味でもオリジナルなアレンジ
元々の白雪姫の喉に詰まらせたりんごを吐き出して蘇生するラストを(餅かよ)
きれいな終わり方に修正したんですね

王子がとってつけた印象なのをもっと描写したらと思ったけど
これでも増やしてたと言えるし、そもそも端役だったとも言える
ただ眠れる森の美女と同じオチにしてしまった点は賛否あっていいかもしれないw

気になったのは白雪姫の顔がやたらアイシャドウ青くて唇赤いせいで
肌が白いんじゃなく厚化粧の白さに見える点(14歳なのに)と
りんご食べて倒れるシーンで顔を映さずセリフだけで表現しようとした結果
無駄にエロい仕上がりになってしまった点(これは突っ込んだら負けか)

笑ったのは殺されかけて森に逃げ込んだ緊張状態のはずなのに
「地面じゃ寝られないわ」と言って宿を要求するとこ
そのへん姫育ちが出てます、たぶんシンデレラなら地面で寝るでしょう

ちなみに原典から小人たちはドワーフで
こんなナチュラルに登場するくらいトールキン以前から浸透してたことが窺えます
ディズニーの原題にもSnow White and the Seven Dwarfsとある
日本ではドワーフのままいかなかった点に文化差が感じられますね

なお彼らの歌ハイホー、「仕事が好き」のフレーズで記憶してたのが
英語だとIt’s home from work we goと歌ってて驚き
これは文化差というより誤訳レベルのズレで
後に日本語詞が変更されたことからも誤訳の線が濃いか。

タイトルとURLをコピーしました