教育者失格

ニュース

廣瀬爽彩さんの件、続報が出ましたね
ここまで踏み込んだことに強い決意を感じます
真実が明らかになり当事者が然るべきけじめをつける日が
少しでも早く来ることを願って

「真実を明らかに」旭川女子中学生いじめ問題 遺族の手記全文(STVニュース北海道) - Yahoo!ニュース
旭川市の公園で女子中学生が遺体で見つかり、いじめの有無が調査されている問題で、遺族が18日、手記を公開しました。その全文です。

大前提1番悪いのは加害者であり
教員に多くを背負わせるのは酷だと常々思ってます
しかしそれを差し引いてもクズすぎる

それどころか、爽彩の入院中、学校に呼び出された際、教頭から「いたずらが行き過ぎただけで、悪意はなかった」「加害者にも未来があるんです」と頭ごなしに、いじめを否定されました。

「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」。これは、 教頭に言われた言葉です。

トロッコ問題に言及するコメントも見られましたが
犯罪者10人より一般人1人の未来の方が大切に決まってるし
犯罪者10人そのまま世に放ったらより多くの人を不幸にする
でしょう
シンプルに言って頭がおかしい
控えめに言って教育の場にいない方がいい

これだけの内容です
教頭らはすみやかに事実の認否と
事実なら釈明なり謝罪なり行うのが人としての道ですよ

所詮私たちのほとんどは第三者であり
決めつけや誹謗中傷が何でも許される訳ではない
とはいえ既に罪を認めて謝ったようなケースと異なり
表に出てこさせるため世間の注目度を高めるという意義があります
(おそらくご遺族の意向にも沿います)
節度をもって批判の声を上げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました