マンガ

『ちはやふる』

末次由紀はザ・優等生教科書に載せても許されるレベルの健全さ、言うなればマンガ界のディズニー(ディズニーもマンガだけど)...
マンガ

『実は私は』『ぼくらの』『Real Clothes』『スキップ・ビート!』

増田英二、まあ若手、あんまり情報はなし 実は私は~な人たちのわりとベタな学園ラブコメストーリーだけ語っても面白さ...
マンガ

『ACMA:GAME』

原作メーブは正体不明、作画恵広史は女性で弟も同時にマガジンで描いてたらしい 最初はそんなインパクト感じなかったん...
マンガ

『失恋ショコラティエ』『窮鼠はチーズの夢を見る』

水城せとなを知ってほしい!この方は圧倒的に力量があり、その気になれば無難に稼げそうなのに、「中高生はついてこなくていい...
マンガ

『犯人たちの事件簿』

関わってる人が多くてどう語ったものか・・やっぱりあのキバヤシがただのおもしろい人じゃなかったインパクトかな 日本...
マンガ

『フルーツバスケット』

高屋奈月は手ざわりさらさらベタつかない感じ、詩的・感情的な表現をバンバンやるのにどこかすっきりしていて男性にも読みやす...
マンガ

『7SEEDS』『猫mix幻奇譚とらじ』

田村由美は日本の宝です。もう国がお金を出していいレベルだと思うその魅力は男性的な豪快さと女性的な緻密さを両方持ってると...
マンガ

『銀と金』『最強伝説黒沢』

福本伸行について今さら語ることもないけどカイジは引っ張りすぎでしょ出版社とか担当何も言わねえのかな イチ推しは銀...
マンガ

『ぴんとこな』

嶋木あこ、絵柄はアクが強め。絵柄に負けない強烈なものを描いている あまり知られていない業界やスポーツを題材にした...
マンガ

『リアルアカウント』

頭脳戦や命がけのゲームといった題材はもはや1つのジャンルとなった昨今この作品はSNSなど現代のネット上の問題を絡めるこ...
マンガ

『波よ聞いてくれ』

これは久々のヒット うっかりラジオDJにスカウトされたカレー屋カリスマ店員(自称)ミナレの奮闘記ですテレビも終わ...
マンガ

『となりの怪物くん』

ろびこ作品はこれしか知らなくてなんとも言えませんが、期待してます別のも見たいですね この方も力あるのに好んでメジ...
マンガ

『坂道のアポロン』

小玉ユキは代わりのきかないマンガ家こう言うと「○○先生だってオンリーワンだ!」とお叱りを受けそうですが、そういうあれで...
マンガ

『青空エール』

河原和音と出会ったのは高校デビュー目立った特徴のないラブコメだが主人公の大ざっぱさとおバカなノリが楽しく最後まで読んで...
マンガ

『暗殺教室』

暗殺教室全部とネウロ序盤見た印象、松井優征の描く悪役は心から醜い倒した後も更生の余地がない感じがなんかアメリカ的でそこ...
マンガ

『ONE OUTS』

甲斐谷忍はごりごりの理系。きょうび理系っぽい人が原作だけやるケースはよく見ますが、この方は絵も描きます(ソムリエに至っ...
マンガ

『ダメな私に恋してください』

中原アヤは例えるなら食欲のないときもスルスルいける冷やし中華作品の世界に入るハードルが低いんです疲れてるとき何もしたく...
マンガ

『NANA』『Paradise Kiss』

言わずと知れた矢沢あい、絵とストーリーどちらも超一流の二刀流ですキャラの髪形を変えたり冷たい男の方を選んだり、あえて反...

名前はかぶるもの

現実世界において同姓や同名の人に出会うことは珍しくないですがフィクションの世界では作者の意図がはたらくためなかなかかぶ...

『塩の街』『A MASKED BALL』『ベルカ、吠えないのか?』

まあ有川浩なら何読んでも外さないです特にこれは原点的な作品で自衛隊三部作の一角でもあります 破滅に向かう世界の人...

星界シリーズ(小説)

森岡浩之はオリジナルの言語まで作ってしまう異色の作家ネットでは劇中の種族「アーヴ」になぞらえて「デーヴ」と呼ばれてるら...

『銀河英雄伝説』(小説)

田中芳樹、中国にかぶれてる節があるが本は面白い 前に高校野球で田中芳樹って選手が出てて、チームに別の田中がいたか...
タイトルとURLをコピーしました