特別な一日

ニュース

毎年恒例でもやめる訳にいかぬ戦争の振り返り
戦争は全力で回避するべきですし
もちろん語り継ぐことに異論はないですが
公平な目線なのかなあという疑問はいつもある

史実の善悪は当時の価値基準で判断されるべきだ
これもいつも言ってるやつ
今のルールに当てはめれば歴史上の偉人も一般人も犯罪者や差別主義者だらけです

おなじみ「過ちは繰り返しませぬ」の論調も
調子乗って不要な戦争始めなきゃよかったって前提なんですよね
あるいは「もっと軽傷で負けられなかったのか」って指摘もあるでしょう
そりゃ後世から言うのは簡単です

はたしてあの弱肉強食の時代に
大陸へ打って出なかったとして独立を維持することはできたろうか
もしできたとしてそれを判断できる十分な情報・状況はあったろうか

そのへん各自調査して議論するような授業やったら有意義そうですが
確実に面倒な感じの騒ぎになりますw
残念ながら満足な土壌がない

戦争の産物として朝鮮半島は国土を分断された一方
日本人は思想を分断されたのではないか
(端に寄った後振り戻したという方が適切か)

終戦の日、3閣僚が靖国参拝
【8月15日 AFP】終戦の日を迎えた15日、小泉進次郎(Shinjiro Koizumi)環境相、萩生田光一(Koichi Hagiuda)文部科学相、井上信治(Shinji Inoue)万博相が靖国神社(Yasukuni Shrine)を参拝した。

外国が政治利用してくるだけならまだしも
国内からもアンフェアな声が多く出る
自虐史観ったって自分は安全な場所にいて祖先を貶めてる訳ですから
他責に変わりありませんよ

菅首相式辞、加害責任に触れず 戦没者追悼式、前政権を踏襲―終戦記念日:時事ドットコム
菅義偉首相は15日、就任後初めて臨んだ全国戦没者追悼式の式辞で、「戦争の惨禍を二度と繰り返さない、この信念を貫いていく」と強調した。ただ、アジア諸国への加害と反省には言及せず、自身が官房長官を務めた第2次安倍政権の方針を踏襲した。

追悼式の最大の関心事が加害と反省、
英霊たちの想った母国は今こんな感じです。

タイトルとURLをコピーしました