敗戦処理に否の概念はあるのか

ニュース
中日・根尾 “敗戦処理” での初登板に賛否 立浪監督「いろんなこと言われるとは思うが…」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
 中日・立浪和義監督(52)が根尾昂外野手(22)を9点ビハインドの〝負け試合〟でマウンドに送ったことで賛否両論の声が沸き起きている。  21日の広島戦(マツダ)で、根尾は1―10の8回から6番手

何でもいいじゃん、敗戦処理なんだから
コールドがない以上誰かが投げなきゃだし(ピッチャー休める)
プロスポーツとしてファンサービスになるし
今後の可能性も模索できる
本人がメチャクチャ嫌がってるとかじゃない限り問題ないでしょ

まともな批判になり得るのは
勝ち追わないで続けるくらいならコールドゲームにしろ、か
ピッチャー不足しないように一軍登録(ベンチ入り)人数増やせ、のどっちかくらいかな
シーズンの中で疲労によるパフォーマンス低下は大きな戦力ダウン要因であって
後先考えず出し切れってのは旧時代的な根性論ですよ

ってか投手でプロ入りして野手転向するケースなら昔から結構あるんですよね
二刀流だ、って過剰に騒いで圧かけないようにだけ気をつけて
のんびり見守ればいいと思います
まあ賛否って割に否は多くない印象なので一般視聴者に関しては大丈夫かと

投手やらなくても根尾はよくトレンドにあがってくる
それだけ人気・注目度が高いんでしょう。

タイトルとURLをコピーしました