株のつらつら

素人が理詰めで考えるベーシックな話です
毎度ながら真剣に読まないよーに

仮に
ある会社の株式を100株10万円で買ったとします
これが12万円に値上がりしたら嬉しい、そして迷う

売れば2万の利益確定、様子見したらまだ上がるかもしれない
一見悩ましいですが悩めるというのは幸せな状態です

だって8万円に値下がりした場合
すぐキャッシュが要るとか当分下がる見込みしかない等でなければ
何もできない(売ったら損失確定)
つまり選択の余地がないのです

ただこれがさらに4万円くらいまで下がったとする
そうすると逆に開き直って(?)買い足すという選択肢が生まれる

現状だと10万円に回復するまで損失が消えないところ
追加で100株買うとトータル200株14万円で買ったことになるため
7万円までの回復でトントンになります

もちろんさらに下がる可能性はある、ギャンブルには変わりないですが
この値下がりからの追加購入という姿勢が
あえて打たれた球でもう一度勝負するピッチャーみたいで
個人的になんか好きなんだなw

底なし沼に向かう類の発想なのか
まあ悪化しても買い足せる余力を残すのは大事ですよってことで

それでもずっとマイナスを出ない株が庶民の不良債権にあたります
日経平均が上がってもコロナショックが抜けない個別の株もあり…
いやぐるなびはもっと前からだな(2年前すでに塩漬けだ)

外出規制解禁までいったら団体食事需要爆発して神風吹かんかな
この際そこまで置いとくか
需要ありすぎるとクーポン関係ない説もあるし期待せずに待つとします
とりあえず岸田新総裁、一時くらいは風吹かしてくださいよ。

タイトルとURLをコピーしました