直感で批判をジャッジする

政治

100%主観です
それはどうかなと考える素材以上の使い方をしてはいけません
という前提でいろんな発言が批判(セーフ)か誹謗中傷(アウト)か分類してみようと思います

以前安倍元総理が「こんな人たち」と言ったことでやんや言われたことがあった
演説をヤジられたんだったかな
マナーの悪い行為に対する表現として余裕でセーフ

関連ネタで
アベ政治を許さないのフレーズをよく聞きました
選挙で落選させればいいとはいえ許さないという意思表示くらいはセーフ
シンプルに「政治家やめろ」系も同様
暗殺しろとか言わなければ問題ありません

悪夢の民主党政権もよく聞きましたね、やはりセーフ
悪夢程度の形容さえ許さない社会こそ悪夢そのものです

ではヒトラーと結びつけて語ることはどうでしょう
あれは侮辱的で不適切だったと思いますが
有罪・処罰対象とするのはやり過ぎな気がする
感情的になってつい平手打ちした結果傷害罪で逮捕、のような印象
あえてアウトをとらないでおきたい
悪魔の所業」なんてのがあっても抽象的なため見逃したい

橋下徹で言うと最近便所雑誌発言があった
なかなか攻撃的で侮辱的ではあるが
因縁ふっかけられたらあれくらい言い返すだろとwちょっとアウトはとれない
そういう事情を酌んで柔軟に運用できるかが1つ注目ポイントかもしれません

また一般のコメントで「日本の制度が不満なら日本から出て行け」というのをよく見る
昔ながらの親が聞き分けのない子に「家から出て行け」「うちの子じゃない」を言うように
言ってしまう感覚は想像できる、けれど正直まずくないか
行政に意見を送るなり政治家動かすなりして決定していくのは重要な権利です
それを黙れ、去れと一蹴するのは横暴が過ぎる
誤った意見なら議論で迎え撃てばいい

まあ犯罪的な害悪に対しては私も
「この国から出てってくれないかな」くらい言ってしまうかもしれない
しかし仮に犯罪者であろうと服役して社会復帰する権利がある
本当は言っちゃいけないんだよね
即アウトが無理でもビデオ判定は要求したいラインです。

【速報】「侮辱罪」厳罰化 改正刑法が可決成立 ネット中傷“歯止め”なるか 懲役・禁錮を廃止「拘禁刑」創設(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
インターネット上の誹謗中傷への対策として「侮辱罪」を厳罰化することなどを盛り込んだ、改正刑法が、13日の参院本会議で可決され、成立した。 今回、改正された刑法の柱は、「侮辱罪」の厳罰化と「拘禁刑」
タイトルとURLをコピーしました